新しいノートパソコン

2020.11.20 /

さて、新しいノートパソコンを買いました。
今年の3月にDellのInspiron 1501を購入したんですが、その置き換えとして買ったものです。
Inspiron 1501はXP時代の2006年に販売されていたものを中古で買ったもので、古いパソコンにしてはよく動いていてくれたかなといった感じ。
だから使い続けてもよかったんですが、ディスプレイの黄ばみやBluetooth非対応という問題点が二つほどありました。
Bluetooth非対応は特に気にはなりませんが、ディスプレイの黄ばみは動画をよく見る僕にとっては結構気になるところです。

それで今回買ったパソコンはこちら(画像は後日追加予定)。
Acer Aspire ES1-511。
ディスプレイで定評のあるAcerが販売していたWindows 8.1ノートパソコン。
Windows10にアップグレード済みです。
ネット上で日本語の情報があまり見つからなかったんですが、DVDドライブがないES1-111の上位機種らしいです。
11月17日に注文して18日には到着しました。

開封後、とりあえず前のノートパソコンと並べて写真を撮ってみました(画像は後日追加予定)。
古い方があり得ないほどにダサいです。
写真は撮っていないんですが、バッテリーが入っているであろう部分に膨張がありました。
まあ後から判明することですが、このバッテリー、実は壊れています…。

ここでスペック紹介。
CPU: Intel Celeron N2830(2.16GHz)
メモリ: 2GB
HDD: 320GB
OS: Windows 10(購入時Windows 8.1 with Bing)
ポート: USB2.0x2 USB3.0x1 HDMIx1 イヤホンジャックx1 DVDx1
Officeや動画鑑賞には十分のスペックですが、メモリは追々交換したいです(全バラになるけど難易度は低め)。
動画再生支援機能もあるのでYouTubeも問題なく再生可能。

電源を投入。
Windowsは何の問題もなく起動。
タッチパッドが機能しなかったんですが、BIOSから設定を変更したら治りました。

そしてバッテリーがどれくらい使えるか確認するために電源が入った状態で電源ケーブルを抜いてみると…。
電源が落ちました。
Windows側からもバッテリーが認識されていたのでこれは予想外でした。
バッテリーが機能しないなら重いだけだし外してしまおうということで分解。
ネジがすべて同じ形なのはうれしい仕様です。
バッテリーはコネクタでつながっているだけで簡単に外せました。
バッテリーは互換品でも買おうかなと思います。

一通り動作を確認した後でデータ転送。
クラウドにあげているデータがほとんどなのでUSBメモリ経由での転送は30分もしませんでした。

長々と文章を書いてもあれなのでよかったところと悪かったところで書いていこうかなと思います。

【よかったところ】
■起動が早い
HDDなのに起動が早いです。30秒もかからず起動します。
前のパソコンは50秒くらいかかっていました。

■そこそこのスペック
もともと僕はパソコンで動画編集等は行いません。
なのでCeleronのパソコンではありますが必要十分のスペックです。
メモリは少し足りないので4Gか8Gに換装予定。

【いまいち】
■画面が赤みを帯びている
画面が暗いときに角度によってディスプレイの中央が赤みを帯びているように見えます。
普段は気にならないと思いますが、動画、特にライブ映像や映画を見るときは気になるかも。

■傷
外装に傷が複数あります。
目立つ部分にあるのは少し気になる。

こんな感じで色々書いてみたんですが、僕にとっては十分に使えるパソコンです。
バッテリーを購入してメモリも換装してバッグも買って大事に使っていこうかなと思います。
来年からバイトをしてMacBookを買うつもりでしたが、一旦は保留ですかね。